2006年06月04日

目が回るの原因?

blogを忘れる…(^-^;
まぁ思いついたこと、感じたこと、知ったことなんかを書こうと思う!

そんなんで、目が回る原因?なんかを書いてみる。

最初は、眠くなって眠くてしかたなくなって、目が回る感じになって頭の1番痛い部分から 頭全体に広がって脳が気持ち悪い感じになって、それが首やら肩やら体中にまで広がる感じで、何とも言えない具ワイ悪さになってくのかな?と思ってた。

とくに、何がどうっていう細かい事は思い出せないけど(^^; 集中してるとなのか、頭を使ってるとなのか…その辺良くわからないけど、そーなるらしい。時間は感覚がアホなんで、今のところ何分くらいで そーゆー状態になる のかは分からない。

なにをどーしても、うまく説明のいかないけど、気持ち悪い感じ、目が回る感じ、が 取れなくて 転げ回りたい 叫び出したい 助けてほしい感じになる(笑)

少し、横になったり眠ったり休んだりすれば 落ち着くみたいだけど。

これ書きながらも、ぐぁ〜とか叫んだり、頭から首・肩のあたりを どーにもならないと思いつつカキムシる感じになったり(笑)く、くるしいんですけど…今までも こんなだったのか?これからもか?(T-T)


posted by くん at 19:06| Comment(5) | TrackBack(1) | ―私と高次脳機能障害― | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
くんさん、頑張って!頑張って前に進めばきっと良くなります!信じて頑張って下さいね!我慢我慢!
Posted by ひろし at 2006年06月05日 18:23
これが本当に役に立つかはわかんないけど、参考までに言うと、フィギュアスケート。フィギュアスケートの選手はあんなにグルグル回ってもちっとも目を回さない。彼女達に秘訣を聞くと、口をそろえてこういう。回っている間は、一点を見続けようとしないこと。周りの景色が高速で動いているのに、それに反抗して一点を見続けようとするから気持ち悪くなるらしいよ。
Posted by marvy at 2006年06月05日 18:35
>ひろしさん

はい!
ガンバリマス!とにかく、進むことだけ考えます!
Posted by くん at 2006年06月06日 21:47
>marvyさん

そうか! いっかしょに目が落ち着いていられないのに、ムリヤリ 本を読もうとしたり、何かしようとしたり、同じように 考えも いっかしょで止まっていられないのに、ムリに一つの事を考えようとしたり…だからかな?

少し、勝手な事させておけばいいのかも♪
できるとこから やってけばイイネ!
アドバイス、ありがとう!
Posted by くん at 2006年06月06日 21:55
そうそう。そうゆうこと。仮に実際そうじゃなくても、そう考えてあげれば脳味噌氏も気が楽になる。僕はそうやって楽をするようにしてるよ。(それに、そんなに的外れじゃないと思う)
体にとって一番害があるのは、病気そのものよりも、ストレスだという説がある。病も気からってゆーのはそういうことかもしれないよね。
Posted by marvy at 2006年06月06日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

高次脳機能障害(3) 前頭葉型ピック病とアルツハイマーを比較
Excerpt: 本日は、高次脳機能障害の例として、前頭葉型ピック病をあげ、アルツハイマーと比較してみたい。 高次脳機能障害に関連した過去のエントリーも参照いただきたい。 「高次脳機能障害(1) 見えない障害」..
Weblog: 技術士(化学部門)CANのブログ
Tracked: 2006-07-07 23:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。